03-6452-9482 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
営業電話はお断りしています。
受付時間
9:30-17:30

決算書とは?役割や読み方の解説

  1. 若原正勝税理士事務所 >
  2. 決算書とは?役割や読み方の解説

決算書とは?役割や読み方の解説

決算書を読み取ることは、経営を行なっていくうえで非常に重要です。経営状況を正しく読み取ることができないと、資金ショートや黒字倒産の可能性が高まることになります。決算書は正式には財務諸表と呼ばれます。財務諸表の中でも、賃借対照表、キャッシュフロー計算書、損益計算書の財務三表が重視されます。以下では、決算書の役割と読み方を解説します。

■決算書の役割
決算書は、1年間の経営を振り返ると同時に、それをもとに次年度以降の経営計画を立てるのにも役立ちます。また、作成後に株主総会で、承認をもらい、公開するという手順を踏むことになります。そこで、株主に会社のお金の使い方を確認してもらうことになるため、具体的に経営状況を記す必要があります。さらに、資金調達を行う際に、金融機関などに提出する書類にもなるため、非常に重要な役割を担うことになります。

■決算書の読み方
・賃借対照表
賃借対照表では、左側に資産が記入され会社の財産がどのように運用されているのかが分かります。右側には、負債が記され、資金がどのように調達されているのかを確認することができます。

・損益計算書
損益計算書は、企業の経営成績を収益、費用、利益の要素から判断できるものです。また、利益は、売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益の5つの区分から確認することができます。会社の収益や費用が記されるため、その会社が1年間でどれくらいの利益を出したか確認することができます。

・キャッシュフロー計算書
キャッシュフロー計算書は、一定期間の会社のキャッシュの変化を示したものです。会社がサービス提供する時期と、その報酬を回収する時期には差が生じます。この差が大きくなってしまうと、手元に現金が残りにくくなるため資金繰りが苦しくなり、会社の経営に支障をきたすことになります。キャッシュフロー計算書を読み取ることは、このようなリスクを回避することに繋がります。

若原正勝税理士事務所は、港区、大田区、品川区、目黒区など東京都を中心に一都三県で幅広く活動しています。
経理についてお困りの際は、お気軽にご連絡ください。

若原正勝税理士事務所が提供する基礎知識

  • 会社名を決める

    会社名を決める

    会社名は正式には商号といい、商号を決めるにあたっては、いくつかのルールが法律で定められています。 現...

  • 合同会社とは

    合同会社とは

    ■合同会社とは 合同会社とは、出資者の全員が有限責任社員となって構成し、原則として出資者によって経営さ...

  • 経営計画の策定支援

    経営計画の策定支援

    定款の作成、認証や会社名(商号)の検討など、会社設立にあたっては多くの準備を行わなければなりません。特...

  • 資本金を決める

    資本金を決める

    ■資本金とは 資本金とは、出資者によって出資された現金や株式等の資産をいいます。円滑な事業運営を行うた...

  • 港区の会社設立は当事務所へお任せください

    港区の会社設立は当事務...

    今の会社で経営のノウハウをつかんだので起業したい、素晴らしい商品プランを考え付いたので会社をおこしてみ...

  • マイクロ法人とは?

    マイクロ法人とは?

    マイクロ法人とは株主と取締役が一人の会社のことを指します。そのため、プライベートカンパニーとも呼ばれ、...

  • 会社設立後の手続き

    会社設立後の手続き

    会社設立後の手続き 会社設立の手続きが完了したら、会社の代表として必要な手続きをする必要があります。...

  • 印鑑証明書の交付

    印鑑証明書の交付

    ■印鑑証明書とは 会社設立の手続きには、出資者全員分の個人の実印と印鑑証明書が必要となります。 個人の...

  • 税務調査に向けて必要な事前準備とは

    税務調査に向けて必要な...

    税務署は定期的に納税に関する適切な申告などが出来ているかということを調査するために税務調査を行っていま...

よく検索されるキーワード

ページトップへ