03-6452-9482 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
受付時間
9:30-17:30

日本 起業

  1. 若原正勝税理士事務所 >
  2. 日本 起業

日本 起業に関する基礎知識記事や事例

  • 事業目的を決める事業目的を決める

    会社設立をする際には、事業目的を決定して、定款にこれを定めなければなりません。 具体的に言えば、会社がこれから営もう考えている事業の範囲を決定します。 会社は、事業目的として定款に記載したこと以...

  • 会社設立後の手続き会社設立後の手続き

    会社設立後の手続き 会社設立の手続きが完了したら、会社の代表として必要な手続きをする必要があります。 主に必要となるのが、税務と労務の手続きとなっています。 以下では、会社設立後の手続きの流...

  • 港区の融資に強い税理士をお探しの方へ港区の融資に強い税理士をお探しの方へ

    企業にとって資金調達は避けて通れない非常に重要な業務です。資金調達の方法はさまざまであり、企業の事業フェーズ、ビジネスモデル、景況によって最適解も異なれば、選択肢も限られるものです。 資金調達の...

  • 会社設立(法人化)のデメリットは?会社設立(法人化)のデメリットは?

    会社設立(法人化)することでのデメリットは、意志決定のスピードが個人事業主と比べて遅いという点です。 会社の中で最も偉いのは誰かと問うと、社長だという答えが多く寄せられます。しかし、それは間違...

  • 日本政策金融公庫融資日本政策金融公庫融資

    日本政策金融公庫の融資制度は、種類が充実しており、創業間もない段階でも利用することができる、非常に有用な制度の一つです。 日本政策金融公庫の融資は、銀行などの民間金融機関と比較して低金利である...

  • 「株式会社」か「合同会社」か「株式会社」か「合同会社」か

    日本で設立することのできる会社の種類に、株式会社と合同会社があります。 どちらも法人格を有しており、税制面や契約等に差はありませんが、会社設立時の費用や、出資者と経営者の関係性、代表者・役員、最...

  • 創業融資の返済期間はいつまで?創業融資の返済期間はいつまで?

    起業して間もないうちの事業資金を工面する方法の1つに創業融資があります。起業したばかりの事業は経済的に採算が取れなかったり、事業状況が急変するリスクが高かったりするため、一般的な会社と同じように...

若原正勝税理士事務所が提供する基礎知識

  • 融資

    融資

    事業資金を調達する方法にはいくつかの種類が存在します。 一つは外部から出資を受ける方法で、もう一つは借...

  • 脱サラ起業の流れ

    脱サラ起業の流れ

    最近では脱サラをして起業をする方も増えていますが、脱サラからの起業は十分に事業計画や資金などを見積立て...

  • 税務署への届出・申告

    税務署への届出・申告

    会社の設立後は、本店所在地管轄の税務署に対して税務に関する各種の届け出を行う必要があります。 税務署に...

  • 自分で会社設立する場合と、プロに頼む場合のメリットとデメリット

    自分で会社設立する場合...

    会社の設立には様々な手続きや作業が必要となっていますが、これらはプロである専門家にすべて任した方がいい...

  • 税務調査が行われやすい時期

    税務調査が行われやすい時期

    法人税などの申告の後、税務調査が行われることがありますが、一般的には税務調査が行われやすい時期は夏から...

  • 事業年度を決める

    事業年度を決める

    ■事業年度を決めるとは 事業年度を決めるとは、言い換えれば、決算月を何月にするかということです。 決...

  • 「株式会社」か「合同会社」か

    「株式会社」か「合同会社」か

    日本で設立することのできる会社の種類に、株式会社と合同会社があります。 どちらも法人格を有しており、税...

  • 起業初期に使える助成金/補助金

    起業初期に使える助成金...

    個人事業主としてビジネスをはじめたり、株式会社や合同会社(LLC設立)を立ち上げた際、資金繰りの問題は...

  • 発起人(出資者)について

    発起人(出資者)について

    ■発起人とは 発起人とは、株式会社の設立を発起し、出資をする人のことを指します。 厳密に言えば、発起人...

よく検索されるキーワード

ページトップへ